触れて身体の変化を誘い,つまんで身体を治癒へと導く珠玉の技群 

センテ治療七法とは

仏手師センテの根幹を成す治療法です。様々な治療の場面で使われる巧みの治療技術です。

一の法:ポイント療法                                                   人体には触れて・押圧するだけで患部に影響を与える部位(ツボ・トリガ ーポイント・反射点・クラニアルなど)があります。そのポイントを駆使することにより患者様 はリアルタイムに患部の可動域が向上していくのを体感できます。

二の法:ダブルストレッチ                                                   通常のストレッチを治療の域にまで高めたストレッチ法です。                       牽引法/運動指法/散指法などが使われます。

三の法:スライド矯正法                                                  グキッ・ボキッというような強圧の矯正法は当院ではいたしません。軽微なものから重度なものまで、毎年どこかの治療院で瞬間的に強圧を加える矯正法による事故が起きています。私はするのも怖いし、されるのも怖いです。しかし、関節の矯正法の効果には確かなものがあります。安全でしかも効果がある矯正法はできないだろうかと模索しながら10数年、ようやくこのスライド矯正法にたどり着きました。難解なことはいたしません。ただ病んでいる関節をスライドさせるだけです。それだけで患部の痛みは軽減して、さらに可動域は広がっていきます。

四の法:流振法                                                    揺らして、振動させて、流してやると・・・あらあらゆるくなりました。

      

 

五の法:調整シリーズ                                                  マッサージだけでは足りない(・へ・)もっとゆるみたい!

六の法:四肢駆動法                                           四肢の関節を組合わせることにより、患部の関節に駆動力を産み出し患部の可動域を高める技法です。日本ではこの技術を使える術者は少ないのですが、無痛にて関節の可動域を向上できる優れた技法です。

七の法:おつまみ療法 (未完)                                           当院で一躍トップスターに駆け上がったおつまみ療法は整膚法より着想を経て開発した技術です。整膚法は皮膚をやさしくをつまみあげますが、おつまみ療法は皮膚を剥がしていきます。皮膚と皮下脂肪ごとはがして筋膜との癒着から解放することを目的としています。またさらに改良が加えられ、患部に触れないおつまみ療法や神経痛に対応できるおつまみ療法も開発されてきました。押圧の治療とは別次元の効果を発揮してきています。この技術の開発によりさらに広範囲の運動器の疾患に対応できるようになりました。                                                        センテの先生は今日も患者さんのお肌を剥がしていきます。

進化

10年前のポイント療法と現在のポイント療法はかなり異なります。このようにセンテの治療法は年月を重ねながらより良く患者様が治るように改良していきます。

最近は仙腸関節を治療する技術として-骨盤リリース(解放)を模索しています。自分の仙腸関節にアプローチ中です。

まだまだセンテ治療七法は完成していません(。•́︿•̀。)

患者様がご来院していただける限りセンテは進化していきます。

現在はおつまみ療法と究極のポイント療法 タッチ(触) の技術の確立を研鑽しています.

                     (ง `ω´)ง

コアな独り言と・・・                                   究極のポイント療法、タッチ(蝕)は文字通り身体の一部に触れ緩解させる技術です。無痛にて改善させるこの技術は私が学生の頃より求めていたものです。しかしこのタッチを研鑽していくにつれて、このタッチの大きな欠点が露呈してきました。その欠点とは・・・触れている時は確かに改善しますが、手を離せば症状が戻るのも早いということです。今の私の考えではある程度の(刺激)痛みを伴わなければ。、真の意味で治癒にはいたらないということです。もちろん、強刺激やバキッポキッは論外です。こうしてタッチは数年間停滞していたのですが、最近ある患者様に何となくタッチを施したところ、突然そのタッチの使い方を理解したのです。嗚呼こうすれば戻りが少なくなるのか!   技術とはただ研鑽するだけではなく、その使い方も工夫次第でより効果が発現されることを学びました。本当に治療技術とは奥が深いのだと自分で感動してしまいました。

 私は自分を治療家とは思ってはいません。治療家というより身体を治す職人(マイスター)ととらえています。自分の造り出した手技も、他者の手技も自分が使いやすいように、より効果が出るようにと削り・磨き・補い改良していくのが私はとても得意です。  センテの治療に変革をもたらしたおつまみ療法も当初は単純につまんで+はがしての治療方法でしたが、実はこの時点でのおつまみ療法は完成ではなく始まりでした。加速度的に進化をとげいまでは①フリー②スウィング③チェンジ、そして最新の治療法である④ウェイブが造り出されました。ウェイブは私が苦手としてきた深層の硬いコリを緩解させる手技です。もちろん表層のコリも緩解させることができます。コリが溶けるなどと言いませんが、強固なコリの形状がわずか数十秒で崩れていく変化には私も驚かされます。このウェイブによりセンテの治療法すべてが変わりつつあります。しかしすべてのコリ/拘縮部に効果があるわけではなくまだまだ改良していく手技であります。はっきり言って楽しいです。でも残念ながらあまりスマート+エレガントな手技ではないため患者様は何をしているの「?」というのが残念です。